看護師パートの働き方

看護師パート > レジャー施設やイベント開催時に働く看護師パート

レジャー施設やイベント開催時に働く看護師パート

看護師パートの求人の中で少し珍しい仕事先としてレジャー施設の医務室勤務というものがあります。遊園地などのレジャー施設内にある医務室で、看護師を募集していることがあるのです。

また、単発のイベント開催時に体調を崩すお客さんや、怪我をされる方のことを考えて、看護師を待機させることもあります。 レジャー施設で看護師として働きたいと思っても、求人自体があまり多くないので探すのは大変かもしれません。

また求人があっても正社員を募集していることはあまりなく、パートやアルバイトといった非正規の雇用になってしまうことが多いようです。 イベント時の募集であれば、単発でその日だけ働くということになってしまいますから、この仕事で生計を立てるというのは難しくなりそうです。

仕事内容は急に体調を崩したり怪我をした人の対応になります。 レジャー施設には小さいお子さんや赤ちゃんもたくさん訪れるので、優しく対応することも必要になります。 同じ医務室勤務でも、学校や企業の保健室とは雰囲気が違い、あわただしく動くことになるでしょう。

レジャーやイベントの内容によってはちょっとした怪我をしやすかったり、暑い日に屋外で楽しむ催しの場合は熱中症にかかる方もいるかもしれません。 病院や保健室で勤務するのとはまた違った経験ができるので、看護師としていろいろな場で働いてみたいという方には適しているでしょう。

正社員としてレジャー施設に勤務するのは難しいですが、単発の仕事でも良いなら募集は見つけられると思います。 イベント開催はたいてい土日や祝日、また夏季休暇等の時期に行われることが多いので、この時期に働きたい方にはおすすめです。

また育児などで看護師の仕事を長く休んでしまい、病院での復帰には不安が伴うという場合、こうした単発のお仕事で勘を取り戻すというのも良いと思います。 この仕事を探すには、インターネットで気長に検索することです。 単発の仕事であれば、他の仕事と掛け持ちすることもできますね。


私の経歴…ブランクがあっての復帰と転職

このサイトを立ち上げようと思ったきっかけは、私が看護師になり、2人の子どもの出産、転居などの状況から、10年間のブランクののち、復職と転職により現在の希望にぴったりのやりがいのある職場に巡り合うことができたように、誰にでもそんなチャンスがあることを知ってほしかったからです。

私が家庭との両立を考えて希望した条件は、「通勤に時間がかからない」「週に5日以内で1日3、4時間」「時給2000円程度」でした。 求人誌やハローワークで探していましたがみつからず、最後の手段と思って看護師転職支援サイトに登録してみたのです。 それで間もなく「自宅から30分以内・週3日の1日3時間で時給2000円」という訪問看護の仕事をみつけることができたのです。

私には10年間のブランクがありました。 関東にある国立医療短大の看護科を出た後、そこの附属病院の様々な病棟で3交代の勤務を5年間経験したあと結婚を理由に退職。 結婚は表向きの理由で本当は、大きな組織の中で自分を見失いそうになっていたこと、3交代勤務が体力的につらかったというのが本音でした。

子どもができるまで近所の医院で働き、出産を機に退職。2人目の出産、夫の転勤により関西への転居などがありあっという間に10年という溝ができていました。 それでもなんとか2年前に、看護師として地域の公立総合病院のパートで復職しましたが、仕事といえば検査室への送迎や保清、浣腸、摘便といったことばかりでした。 割り切れない思いから毎日を悶々と過ごすようになり、ついに転職を考えるようになりました。

勤務しながらハローワークにも行きましたが、待ち時間の長さや勤務先からのアクセスの悪さで断念し、求人誌を買ったもののなかなか良い条件の所はなく、最後に辿り着いたのが「看護師転職支援サイト」だったのです。

ブランクを含めた自分の情報を登録しメール機能を使って条件に合う求人を知らせてもらうよう設定。 もちろん自分でも色々検索しました。 その甲斐あって今の仕事を見つけることができたのです。

転職を考えている看護師の皆さん、ブランク中で復職を考えている皆さん、「看護師転職支援サイト」がきっと力になってくれますよ。